このサイトはオススメのYOUTUBE動画を紹介するのみのサイトです。共有可能な動画のみ掲載しており、公序良俗に反しない動画を掲載する様に心掛けておりますが、もし一般通念上不適合と思われる動画がございましたら、下記お問合せよりご連絡ください。即刻対処させて頂きます。

アドレス110 1000kmインプレ + 写真が約70枚:あんべ光俊

アドレス110 1000kmインプレ + 写真が約70枚:あんべ光俊

アドレス110は進化する稀有なバイク。バイクについては動画で説明しています。ここでは、ソフト面、ライディングについて書いてみます。人それぞれに違うので一概には言えませんが、僕は幹線道路を4輪のあとについて、ただ漠然と走る事は耐えがたい苦痛です。できるだけ4輪のいない所、人のいない所、主に山中ワインディングを思い切り走るのがバイクの醍醐味だと思っています。アドレス110はダートもその大径ホイールのおかげで楽に走れますから、更に山中での行動範囲は広がります。最近は山中でも2車線のきれいな道もあります。そういった所には4輪は極端に少なく、人も稀です。安全の面から言っても飛ばすなら街中の危険極まりない場所では無く、こういった場所のほうがいいと思うのです。事故をしても他人に迷惑をかける確率は、ぐんと下がりますので。ただ、過信して特に初めてのワインディングの場合は、飛ばし過ぎると自身の命の保証はされません。街中と違い、崖だらけなのと車も人もいないので、誰にも助けてもらえず、命を落としてしまう危険性は街中よりもはるかに高いのです。これが電柱も無いような狭路となると、路面は荒れ、通年枯葉があり、コーナーに水は流れ、コケも生え、木の枝に石、砂利に砂、果ては野生動物と更に難しくなります。一歩間違えば、僕は四国を走っているので、山中で遭難と言う最悪の事態も考えておかなければなりません。しかし、もとよりバイクは危険な乗り物であり、そのスリムさから4輪の入れない道に分け入り、誰も見た事のない景色に出会う事も出来るのです。そこで、43年間、真冬の山にもバイクで走って来た経験をお話しします。バイクに乗るにあたって重要な事です。
体力だけではダメなのです。精神力を鍛えて下さい。アスリートだって、いくら身体だけ鍛えに鍛えても、メンタルが弱ければ試合には勝てません。ぼくが想うに、身体を鍛えるのは、3分の1で、心を鍛えるのが3分の2くらいでちょうどいいと思います。どのような状況下でも、けっしてあきらめない心がバイク乗りには特に重要だと思います。4輪と違い、バイク乗りは、自分の身体を守ってくれるものは皆無です。いくら上等なライディングスーツとヘルメットを備えていても、人間の首は簡単に折れてしまいます。どんなに頑丈なブーツを履いていても、足は折れる時には折れるものです。多くの亡くなった人ともっともっと多くの大変な大けがをされた人を見て来ました。だから、ぼくは、ゾウリにジェットヘルでバイクに乗ります。あの速度で転倒したら、どんな格好をしていても結果が同じだと言う事を嫌と言うほど見て来たからです。サーキットならそれら装備も役に立つでしょう。しかし、山中では役に立たないのです。転倒は死です。それを超えてバイクの魅力は僕を毎日のように駆り立てるのです。最後に昔から思っている言葉を書きます。「自分をうまいと思った時が死ぬ時だ」です。今もどうすれば今より安全に速く走る事が出来るだろう。。と日々、練習の毎日です。

SUZUKIカテゴリの最新記事